So-net無料ブログ作成
木々を彫るということから逃げ出さないように、このブログを続けています 
自分自身のためのブログですが、訪問して下さる方々には感謝の念で一杯です こちらから中々伺う事はできませんが、作品を彫り続ける事でご容赦頂けたらと思っております 

Op.211 [神々]

Op.211.09.01.24.JPGOp.211.09.01.24 (13×8cm)


昨年夏、房総の海に流木を拾いに行った。御宿、勝浦を歩き回ったが、あまり落ちてなく、女房との二人日和になった。
幾つか拾った中の一つが、ネジが2本打ってある板きれである。ネジは錆びて、曲がり、今となっては、それが何のためにねじ込まれたのか分からない。しかし、誰かが、何らかの意思と力を持って、ここにドライバーでネジを回した。そしてその人は、多分日常の一瞬のそれを忘れ、私はその板きれと向かい合った。
 板きれが彫れるかと聞いた。
  あ〜 彫ってあげようと応えた。

count 5056

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。